投稿

放射線治療終了から7週目 2022年08月12日

イメージ
「順調に下がってますね・・」と主治医。 今日(8月12日)は放射線治療終了後7週目になる。PSAは0.023。前回(放射線治療終了後1週目)の0.175から大きく下がった。 「よかった」いままでの努力がようやく形に現れた。 「前にも言いましたが、これからザイティガを休みましょう」 限局がんの場合、放射線治療前後にホルモン療法を併用することがあるが、これは身体のどこかに潜んでいるかもしれない微小がんを消すためだとすると、私はもう2年半もザイティガを服用しており、目的は充分達しただろう。ホルモン剤を長期間続けることによる副作用もある。よってザイティガの休薬に異論なし。その後、8月15日から服用をやめた。 「ザイティガやめたあと、いっしょに飲まれているプレドニンは、量を半分にして1か月続けてください。錠剤を半分に割るのが大変なら、2日に1錠でもよいですよ」 これも了解した。プレドニゾロンを徐々に減らすのは、副腎の機能回復を待つためである。ついでに、いまプレドニゾロンを一日5mgでなく、2.5mg飲んでいる理由を主治医に説明し納得してもらった。これからは、プレドニゾロン2.5mg錠を2日に1回服用することにする。 長期間のホルモン療法でもろくなった骨をもとの硬さに戻すため、主治医からランマーク(デノスマブ)の投与を勧められており、歯医者の了解も得ている。今日、注射されるのかなと思っていたら、「ザイティガの休薬と同時、というのも何だから、ランマークは次回からということにしましょう」と言われた。これも了解である。 ザイティガをやめて、身体がどう変化するのか。まず、一日に何回も起こる発汗現象が収まってくれればありがたい。筋力も復活してくるかな? 体毛は生えてくる? 性的な欲望は? 加齢臭が出るかも? それらは、これからのお楽しみとしよう。しかしザイティガを2年半も続けたのだから、しかもリュープリンは相変わらず続けるようだし、完全に元の身体に戻ることは期待できないかもしれない。 「次回は体幹MRIを撮ります」 放射性治療したあとの、身体の骨の状態をDWIBSで診てくれるのだ。ありがたい、この病院は至れり尽せりだ。でも心配性の私だから、新たな信号をキャッチしました、と言われたらどうしよう、と思ってしまう。いやいや、こんな縁起の悪いことを想像するのはやめておこう。 次のDWIBS撮影日

PSA値 速報 2022年06月30日

イメージ
前立腺への放射線治療が終わったあと、一週間目の泌尿器科での診察。 「治療のあと、具合はいかがですか?」 「排尿の感じが半端なく悪いです。さっき採尿したときも40ccしか出なかったです。いつもなら100cc出るのに。夜間はもっとひどく、ポタポタしか出ません」 「夜間排尿回数は?」 「3~4回かな。前は2回だったのに」 「放射線腫瘍科でもらった薬(ハルナール錠)はどうですか?」 「あまり効いている感じがしません」 「いままで前立腺肥大と言われたことありますか?」 「あります」 主治医は前立腺のMRI画面を見せてくれた。 確かに前立腺の膀胱に接する部分がポコっと丸く飛び出していて、その部分だけ膀胱が上にへこんでいる。 「では薬を2種類出しておきます」と言って、シロドシン錠とべオーバ錠を処方してくれた。これで少しでも排尿の調子が良くなってくれれば助かるが・・・ 次に、肝心のPSAだが、0.175。前回は0.291だったので40%の低下幅だ。 「放射線を当てたあとは、じわじわ下がっていくものですよ」 私も一週間では充分下がらないことを予期していたので、動じない。想定どおりの低下である。 「ALPも下がってますよ」 「よかった」 ALPは前回137で、今回は97。 骨にIMRTの放射線を当てたのは左恥骨のみであるから、いままでALPを上げていた犯人は左恥骨のやつらだった、ということがわかる。 CRPは前回の0.03からやや上がって0.06、これは放射線治療の影響か。血糖値は85といままでの最低値。尿のpHは6.0と酸性。HbA1c=5.7、ケトン体は出ず。あいかわらずの貧血気味。 ザイティガの服用をやめるかどうかだが、主治医は「もう一回様子を見ましょう」と、続けることになった。休薬すると思っていたのに・・・ザイティガを飲みながらこの暑い夏を乗り切らねばならない、と思うと気が重い。 「ランマーク、やりますか?」と聞いてみた。長期のホルモン治療で弱くなった骨を硬くする薬だ。 「歯科クリニックからゾメタ、ランマークを使ってもOKのお返事が届いてますが、今回は見送りましょう」 了解。これで方針が全部決まった。1ヶ月半後、PSAがどれだけ下がっているか分からないが、あまり心配しないで、この早い梅雨明け後の夏を楽しもうと思う。

14日経過 炎症反応 2022年06月16日

今日で、3グレイ/日の照射を14回終えた。 予想されたこととは言え、排尿の具合は日に日に悪くなっている。尿意が起こると10秒ともたない。そこで一昨日から「紙おむつ」を着け始めた。夜間排尿回数は5回を下らない。特に朝方に多い。 しかも排尿時に痛み・しびれがある。放射線腫瘍科の医師は「(放射線照射のために前立腺に)炎症が起こっているのです」という。 私の前立腺がん初期のころも、排尿はこんな感じであった。がんによって起こる炎症の仕組み、調べてみたけれど複雑すぎてまとめきれない。 いまは、炎症の原因ががんでなく放射線であるところが救いであるが。 明日行けば、土・日と2日休みをとれる。 そして来週はファイナル・ステージ❗ なんとか耐えなければ・・・

放射線治療 1週間経過 2022年06月03日

イメージ
5日間のIMRT照射が終わった。まだ13日残っている。前立腺と直腸が硬直し始めてきたようで、排尿、排便が不便になりつつある。原因が放射線であることがわかっているので余裕。 明日はスーパー銭湯に行って、傷んだ臓器をたっぷり温めて来ようと思う。さらに来週の月曜日には、尿道を柔らかくする薬(α1遮断薬)を出してもらうつもりである。 それと、せっかく治療しているのだから、栄養をさらに強化しよう。今まで脂質の摂取をもっぱらオリーブ油、アマニ油に頼っていたが、これに加えて EPA/DPAのサプリメントを飲もう。EPAは炎症を抑える効果があるとか。 放射線で傷ついた細胞を修復するのに必要な蛋白質は今までどおり、主に魚貝類、鶏肉をたくさん食べ、ホエイプロテインと大豆プロテインで補う。 「最強のがん食事療法Part1~すべてのがん患者さんに適応~(第1回がん免疫栄養療法)」 https://www.youtube.com/watch?v=tzHzlM8z29Y&t=881s

放射線治療開始 2022年05月30日

今日は、1回目の放射線治療(IMRT)を受けた。 3グレイ×18日。前立腺だけなら1日あたり2グレイだけれど、左恥骨にも当てるので3グレイになる、と放射線腫瘍科の医師が言っていた。 今日から18日間、6月22日までがんばって通います。

顎骨壊死はごめん 2022年05月24日

今日は歯医者に行ってきた。歯科院長さんに、大阪国際がんセンターの主治医からの手紙を読んでもらった。 ○○さんの歯の状態で特に不安なところはなく、歯周病は治療済だし、骨の治療を進めてもらってよいでしょう。ただし上顎に口腔内の粘膜を傷つけて顎の骨がむき出しになるおそれのある部位が若干ないことはないが、そこまで気にしていたらキリがなく、まずは身体の骨の治療を優先してください、顎骨壊死が起こる確率は極めて低いです、とのこと。 「いままで2ヶ月に1回歯医者に来てますが、これからもっと詰めて来たほうがよいでしょうか」 「いえ、いままでどおりで大丈夫です」 放射線治療が5月30日から始まり、6月22日まで続きますと言えば、次は当歯科院に7月上旬に来て下さい、マウスピースを作りましょう。マウスピース作りは前からの予定だった。 私としては、顎の骨に細菌を寄せつけないこと、これを強く意識して口腔ケアを続けていこうと思う。

骨転移がんには糖質制限ダイエットが最適 2022年05月22日

いよいよ新しい治療フェーズに入り、私の骨に転移したがんどもが、今後、休眠状態から目覚めるのかどうか、目覚めるとしたらいつかが、最大の注目点になってきた。 ずっと眠っていてもらうために、今までやってきた食事療法、運動、腸活、温活を、より効率のよい形で続けていこうと思う。もちろん主治医による標準治療を続けることが前提である。 この中で、食事療法の影響が大きいと思う。 骨転移がんは前立腺内のがんと違って(特に進行性の骨転移がんになればなるほど)、ブドウ糖FDG−PET検査で光るという事実に、私は前から注目してきた。このことは、 2020年7月4日の日記 に詳しく記したとおりである。 一方、前立腺に巣食う、比較的初期のがんは主に脂質を餌にしており、ブドウ糖FDG−PET検査で光らない。これも 2021年9月28日の日記 に書いたとおりである。 つまり前立腺内の比較的初期のがんはブドウ糖を餌にしないのに対して、骨転移したがんは進行がんになればなるほど、ぶどう糖をエネルギー源にするのである。ぶどう糖はがんにとって手軽に取り込めるエネルギー源であり、骨転移がんの末期のものは、ものすごい勢いで増えていく。 手術や放射線治療後の再発防止、という目的ならば、済陽式、和田式などの脂質を減らし炭水化物を摂る(毎食、玄米をご飯茶椀に一杯)、身体への負担の少ないダイエットでもよいと思う。しかし私のように骨転移のある患者は、手術や放射線治療ができず、ホルモン治療で前立腺がんと共存していく必要がある。しかし、いつか去勢抵抗性になる。このような状況で、済陽式や和田式の食事療法を鵜呑みにして玄米ご飯ばかり食べていると、骨転移した去勢抵抗性予備軍のがんに餌をやるようなもので、がんは簡単に去勢抵抗性になり爆発的に増殖する、というおそろしい事態になる。私はこう考えて、これからも、糖質を制限する古川健司医師の「免疫栄養ケトン食療法」を続けていこうと思う。 最新情報:免疫栄養ケトン食チャンネル【古川健司公式】 https://www.youtube.com/channel/UCq2wPM7moZWlA8H9urxRMDg?app=desktop

骨転移休眠がん 2022年05月20日

今日は、5月30日からの放射線治療(IMRT)に先立って、位置決め用のCTと骨盤内MRIとを撮った。また泌尿器科の診察日でもあった。 まず泌尿器科での話。ザイティガだが、私は放射線治療に入ったら休薬するものとばかり思っていた。しかし、主治医によれば放射線治療中も飲んでください、とのこと。理由は、放射線治療終了後にPSAを測るが、もし飲んでないと、PSAが上がったとき、ザイティガをやめたから上がったのか、別の理由で上がったのか分からないから。これは了解。 前から聞こうと思っていたことを質問してみた。 「骨に散らばったがんは(DWIBSの)画像には映ってなかったのですが、どういう状態になっていると理解したらよいのですか?」 「休眠していると思ってください」 「休眠しているなら、目覚める時がくるでしょうか?」 「はい」 「それはいつ頃でしょう?」 「そこまでは、わからないです」 すぐ再発(再燃)するケースもあり、いつまでも眠っているケースもあるということだろう。私は当然後者を目指したいので、近いうちに、自分の生活習慣をもう一度確認しようと思っている。 話題が変わって、 「○○さんは、長い間ホルモン剤を飲んでいるから、骨が弱くなっているでしょう。骨を強くする骨吸収抑制薬を出します。ゾメタやランマークといった薬です」 ちょっと待ってよ。ゾメタやランマークって、骨転移したがんが活発に活動している人が抗がん剤と合わせて飲む薬ではないの? 「ただ顎骨壊死という副作用があります。いま歯医者にかかっていますか?」 「はい」 「どんな治療をされてます?」 「歯周病の治療です」 「具体的には?」 「歯石を取ってもらってます」 「では、その歯医者さんに手紙を書きますから渡してくれますか」 骨転移がんが休眠している今の時期から、 がんの進行を見越して手を打っておくわけだ。 骨粗しょう症の予防にもなる。 この主治医は攻めの治療をするなぁ、と思った。 ただ副作用(顎骨壊死)だけはごめんなので、歯医者とよく相談して口腔内をいつも清潔に保っておこうと思う。 CTと骨盤内MRIの撮影は、問題なく終わった、身体に位置決め用のマークを入れられた。 IMRTによる放射線治療は5月30日から始まる。月曜日~金曜日の毎日、6月22日で終わる。便秘を予防するため、これから毎日、酸化マグネシウム製剤を飲むことにする。

放射線治療計画 2022年05月18日

大阪国際がんセンターの放射線腫瘍科の医師と面談した結果、治療期間は5月30日(月)から6月22日(水)の18日間に決まった。回転型IMRT、3Gy×18日で、合計54Gy。ちょっと少ない気がするが、この量で大丈夫か、また聞いてみよう。 前立腺と左恥骨は同時に照射できるらしい。 医師に直腸からの触診をしてもらった。触診は2年半ぶりである。「どうですか?」と聞くと、「病巣は小さそうですよ」という答え。 「病期発覚当時は、硬いなといわれました」 放射線治療の説明文書をもらったので、一部転記しておく。 「1.病態 ・細胞の悪性度を示すグリソンスコアは9と診断されています。 ・主要の進行度は、「治療後、局所再発」です。 ・骨盤内リンパ節転移 なし ・骨転移 左恥骨 2.治療方法の選択と放射線治療の目的 ・放射線治療を行うことで局所制御の効果が期待できます。 ・放射線治療を選択した理由  ・この病期では手術が困難だからです。  ・前立腺病変と恥骨転移病変を同時に治療出来、局所制御が見込めるからです。」 このように、「局所制御」を強調している。全体の制御、すなわち全身の骨に転移したがんの制御は別だということである。骨に転移したがんは、いまでこそDWIBS画像に映っていないが、本当に消え去ったのか、それとも寝たふりをしているだけでまた再燃してくるのか、次のテーマである。

ついに、放射線治療への道筋がついた 2022年05月06日

今日は診察日。主治医は、私が発病初期に奈良県総合医療センターで撮った 骨シンチの画像 と、この4月15日に撮ったDWIBSの画像とを見くらべながら、 「前立腺と、やはり左恥骨に、がんの活動が見えますね」 他の骨転移箇所への言及はなかった。 「PSAは0.291です」 ひと月前と比べて0.08の上昇だ。 「急激な上がりではありませんが」と主治医。「しかし薬(ザイティガ)の効きが落ちていることは確かです」 「そこで」と主治医は切り出した。「 前立腺と左恥骨に放射線を当てることが可能です 」 おお、ついに主治医から新しい治療方法の提案があった! 「ホルモン治療で収束できるという目処が立てば、ホルモン治療を続けてもよいと思っていたのですが・・・」 私はもう少し様子見かな、と思っていた。しかし今日のPSAの上がりを見てもわかるように、いまのホルモン治療では収束を望めないのだ。特に原発巣のやつらが強力すぎる。 「このままだと、イクスタンジ、ドセタキセルのコースになりますよ」 確かにそのとおり。 「私はずっと、(多発性骨転移で)手術も放射線もできないと言われ続けて来たので、放射線治療してもよいと言われてうれしいです」 放射線は5箇所までなら保険適用があると聞いている。私のは前立腺と恥骨の2箇所である。 「前立腺はIMRT、恥骨はSBRTですね?」 「ではOKですね。エビデンス的には、(放射線治療によって)治療期間を延ばすことができます。 これはチャレンジです 。それと、 休薬ができます 。ただ、注射(リュープリン)は続けないといけませんが」 放射線治療中も抗アンドロゲン剤の服用を続けるものとばかり思っていたので、薬を中断すると聞いて腑に落ちなかった。しかしホットフラッシュがなくなるかもしれないと思い、ちょっと嬉しくなった。 そんな細かなことはさておき、これから新しい治療方法に挑戦だ! 「では、放射線医を紹介します・・・」 5月18日(水)に放射線医との面談日が決まった。泌尿器科の主治医とはその2日後の5月20日(金)に決まった。いまから2週間後。さすが、この主治医はやることが早いな。 ついに、 新しい治療フェーズに突入だ 。 本当は不安がいっぱいあるのだが、それは放射線医との面談でぶつけてみよう。 骨に居たがんが画面から消えたのも(左恥骨は除く)、ザイティガの効果と、自分の生活習

慢性的なエネルギー不足 2022年04月27日

イメージ
前立腺がんの発病以来2年半、江部康二先生の本を参考に糖質制限食(注)をやっていて、おかげで体重は10kg減りスマートになったが、エネルギーが足りなくて、まっすぐに歩けないほどである。階段や坂を上がる力も弱い。 (注)「人類最強の糖質制限論」(SB新書)  糖質のみ制限しており、食物繊維、タンパク質、不飽和脂肪酸は普通に摂る。肉の脂身やバターなどの飽和脂肪酸はできるだけ控える。なお、私はHbA1cは基準値以内であり、糖尿病ではない。 朝飯でアマニ油を補充するとすこし元気になるが、スーパー銭湯に行って戻ってくると、エネルギーを使い果たして、昼寝しても元気が戻らない。毎日一所懸命に筋トレをしていたころの自分の姿はない、最近は毎日ラジオ体操止まりである。それでも筋トレはたまにするが。 おまけにこの半年ほど免疫力をつけるため「24時間温活」をやっていて、深部体温が上がったのかどうかまでわからないが、一日中頭がさえないので困る。 MCTオイルを摂れば身体全体にエネルギーを補えるし、脳の栄養になるケトン体も出ると言われているが、私はMCTオイルと相性が悪いようで、寝る前にMCTオイルを大さじ3杯飲んで、夜中に食べたものを全部戻したこともある。体がMCTオイルを十分活用できていない。余ったオイルは体内脂肪としてお腹に貯まってくる。体重も当然増える。それで、MCTオイルを長らく中断していたが、今の頭と身体のフラフラ状態の苦しさから逃れるため、MCTオイルを少しずつ再開することにする。 日清オイリオのMCT CHARGE PROはヨーグルト味で飲みやすく、持ち運びも簡単である。 特に最近、4月16日の日記に書いたように、2回連続して尿中にケトン体が検出されているので、ケトン体を産生できる体質にすこしは変わってきたかな、と思う。ケトン体は強い抗酸化作用がある。MCTオイルが効率よくケトン体に変換されることに期待をこめて。 日清オイリオのMCT CHARGE PRO (ゼリー)

前立腺を会陰部を通して温める 2022年04月24日

イメージ
2022年4月22日のDWIBSの検査で「前立腺肥大が見られ尖部の信号上昇あり、原発部分の再発疑い」との報告をもらった。前立腺の尖部だから膀胱から離れた下の方である。 去年は全般に排尿感が悪く(頻尿、少尿、残尿)、今年の二月あたりから排尿感が良くなってきた。しかしPSAは上がる一方であった。 前立腺がんが膀胱に近いところに陣取ると排尿に悪い影響を与える。膀胱から離れたところに陣取ると排尿に与える影響は比較的少ないとの見解がある(2022年01月06日の日記参照)。 私の想像だが、今年始めあたりから敵の前立腺がん部隊が膀胱に近いところから尖部のほうへ移動した。あるいは膀胱に近いところにいたやつらが撤退し、尖部に新しく編成された部隊が投入された。あるいは膀胱に近いところにいたやつらが撤退したものの尖部にいたやつらがまだ立てこもって抵抗を続けている。 というわけで、いままでは腹巻き懐炉で下腹と膀胱のあたりを温めていたが、これからは前立腺を下の方から24時間温めて攻撃を加えようと思う。 ショーツ(ブリーフ)の裏に使い捨て懐炉を貼り付けて、会陰部を通して前立腺を温める。綿のショーツだと懐炉を貼っても濡れたらすぐに剥がれるので、ポリエステルのショーツがよい。早速買いに行こう。 ナイロンまたはポリエステルのショーツ(ボクサーブリーフ)の裏に懐炉(貼るタイプ)を貼り付ける。やけどしないよう、この下に綿のショーツをもう1枚はく。