投稿

ジェブタナまた延期 2024年02月08日

イメージ
「いかがですか?」 「6日の朝と夕方に熱が出ました。どちらも38度超えです。39度までいきました」 瞬間的に40度あった。これだけ発熱するとさすがに身体はしんどい。 私の場合、熱が出ると決まってCRPが上がる。朝の血液検査の結果、CRPが20.8と、今までの記録を更新した(CRPは血液中で2〜3日間、値を維持するそうだ)。 医者は、今までの数値、画像をひととおり見ながら、「はじめ発熱性好中球減少症を疑いましたが、好中球はそんなに減っていない。感染症もあるかと思い抗生剤を投与しましたが、炎症は収まらなかった。何度もCTで調べたんですが異常は見られなかった。腫瘍熱の可能性が大きいです。しかし腫瘍熱でこんなにCRPが上がるのも珍しい」 腫瘍熱はがん細胞または周辺の免疫細胞が産生する炎症性サイトカインが視床下部を刺激することより生成する熱と言われている。 医者は考えあぐねた末、言った。 「このようなCRP高値では抗がん剤は打てません」 抗がん剤さえ打てば熱は出なくなるしCRPも下がること明らかなので、私は打ってほしかったが、抗がん剤を休むことで、骨髄をいたわることができる、というメリットがある。 「ナイキサン飲んでますか?」 「熱の出たときに飲みます。熱が引くと飲むのをやめてます」 「では、抗がん剤は今日は保留して、来週の13日(火)まで毎日、熱があってもなくても1日2回ナイキサンを飲んでくれますか? 13日にもう一度来ていただいて、血液検査して、それから(抗がん剤を再開するかどうか)決めましょう」

退院 2024年01月19日

イメージ
長かった入院生活。去年の12月28日から今年の1月19日まで3週間入院してやっと退院に。退院祝いのご馳走が美味しかった🎵(病院食はお世辞にも美味しいとはいえない) 入院中、前半の2週間はひたすら抗生剤を打ち続けて身体の中の雑菌を駆除した。 その期間、抗生剤の投与が終わったあとも含めて、グラフに示すように、CRPが乱高下した。 そしてCRPが上がったのと並行して熱(37度〜39度)が出た。「腫瘍熱」と言われるものであり、熱が続くと体力(ヘモグロビン等)を消耗してフラフラになる。身体は痩せるし免疫力も落ちるし良いことは一つもない。主治医は「38度以上の熱が出たときに飲んでください」と、「ナイキサン」という炎症を抑える薬を処方してくれた。 1月16日、退院直前に4回目のジェブタナを投与した。主治医は「量を減らしました」と言っていたから(8割→7割)、身体への負担を考えてくれたのだろう。抗がん剤の効きは若干マイルドになるかもしれない。

長い入院生活 2024年01月12日

イメージ
去年の12月28日に貧血でフラフラになりながらジェブタナを打ちに行ったら、「そんな状態では抗がん剤どころではありません。即入院してください」と言われ、車椅子で12階の病室へ。 CTを撮ったら何も映らなかったのだが、 CRPが19もあったので、がんでなく、何か細菌由来の炎症ではないか、がんだけではここまでCRPが上がるか? と疑われ、ペニシリン系の抗生剤タゾピペを8時間おき、1日3回、2週間にわたって投与した。その間、朝方になると、決まって発熱した。低いときで37度台、高いときで38度台あった。熱が出た割にはしんどさは感じなかった。そして2週間目の1月11日、抗生剤の投与を中止し、再度CT検査を行ったが怪しい影は映らない。 やはり骨に巣食っているがん由来の熱(腫瘍熱)か、ということになり、非ステロイド系抗炎症薬ナイキサンという薬を処方された。これで熱は36度台平熱に下がったので、やはり腫瘍熱が主体であったことが確認された。 しかし血液検査の結果PSAは、意外にも、あれだけ腫瘍熱が出ていたのにもかかわらず4.832から3.86に下がっていた。 主治医はこの勢いを利用してジェブタナを続けましょうと、来週抗がん剤再開の予定を入れてくれた。 抗生剤を投与した2週間は無駄だったのかとも思ったが、結果的にPSAが下がったので、良しとする。身体の中の悪い細菌を駆逐したくれた、と信じて。長い入院で沢山いる看護師の顔も、一部名前も覚えてしまった。 病院から見た大阪城 元旦、おせち料理 ただ、免疫力の要である腸内細菌まで駆除されたのは残念ではあるが、また育てていけば良いと割り切ることにした。ミヤBM錠、ビオフェルミンR散を処方してもらっているし、毎食後ヨーグルトをたっぷり食べている(持参のオリゴ糖を混ぜて)。病院食は炭水化物が多い割には油が少ないので、オリーブオイルも持参した。

輸血_二度目 2023年12月30日

イメージ
  入院日の翌々日の今朝、再度血液検査をした。 「・・これでCRPが下がっていれば家に帰れるかも」と期待していたが、結果 「白血球数は正常値で、CRPも高いけれどもそれなりに下がっていました。ただ、ヘモグロビンが6.4と異常に低く、炎症がヘモグロビンを消耗させていたようです、病院に来るときもフラフラになっておられたし」  「ヘモグロビンの消耗なんて考え方があるのですね」  炎症を下げるためにヘモグロビンが消費される、という図式か。 「いまから輸血をはじめます。その後1月2日にまた血液検査します」 退院可能の判断はこのときになりそうだ。 「頑張ってこれからも治療を続けていきましょう!」 こう、『続けていきましょう』と言われると、安心して治療を続けていけるという気持ちになる。 『頑張ってください』で切られると、暗い気持ちになるが。

ジェブタナ延期 2023年12月28日

昨夜から体調が悪く、ふらふらして、ベッドから起き上がることも出来なかった。家族の介在で何とか起きて、身体をあちこちの壁にぶつけながらも病院に行った。 「ふらふらじゃないですか」 採血結果ではCRPが19まで上がっており、「がんの進行でここまで上がることは普通ありません。何かの感染源が身体に残っているのかも」 結局、入院することになった。 横になると天井が舞う。 CT検査を受け、すぐに画像を見てもらったが異常はなかった。 感染源対策のため抗生剤タゾピぺを点滴し、そのあと栄養剤ビーフリード、ソルアセトFを点滴し、これらの薬剤の点滴を退院するまで回した。 「今日予定していた抗がん剤は来月に延期ですね」 「そうです。身体の感染源を治してからでないと、抗がん剤は打てません」

CRPが変な動き、PSA足踏み 2023年12月07日

イメージ
今日はジェブタナの3回目の投与日であった。前から言われていたとおり用量を10ポイント上げて、規定の80パーセント量のジェブタナを入れた。つまり1回目60パーセント、2回目70パーセント、3回目の今日が80パーセントとなる。 投与の前に血液測定をしたが、CRPが上がっていた。 PSAも2.296から3.089に少し上がっていた。熱は出ていない。 これをどう解釈するか? (1)前回のジェブタナの投与から3週間経ったので、抗がん剤の効果がうすれ、抗がん剤に影響されていないがん細胞が動き出した。 (2)何かががん細胞に働きかけて、このためにがん細胞が死にものぐるいで暴れだし、例によってフレアが起こったのかもしれない。「何か」とは、ジェブタナそのものかも知れない。それ以外に思い当たることは、輸入サプリメントであるメラトニンを11月21日から飲み続けていることである。今日が17日目に当たる。とくにこの一週間、一晩5mgから10mgに増量した。 今日ジェブタナを入れて、6日後の12月13日に血液検査をするので、そのときのCRPを確認したい。下がっていますように。 (追伸) 12月13日に血液検査の結果、CRPは0.63にまで下がっていた\(^o^)/ ジェブタナを規定量の6割→7割→8割と増量しているのに、体調は悪くなく、それどころか味覚も戻り、胃腸の調子も良くなっているように感じる。

PSA下がる、ジェブタナ増量 2023年11月16日

イメージ
「調子はいかがですか?」 「いたって元気です。熱のでた日もなかったし。ジェブタナって、骨髄には厳しいかもしれませんが、それを除くと身体に優しい感じがします」 「そうですか。今日のPSAは2.296ですよ」 下がってる (^^  ジェブタナ投与後、初めてのPSA測定である。 下がっているけれども、 「ホルモン療法のようにストンと落ちませんね」と聞いてみた。 「ホルモン療法は第1回目にする全身治療です。抗がん剤は他の治療をやったあとにする全身治療ですからね。ただ、○○さんの場合、PSAだけでなく、病状を判断するのにPSAと画像、両方診ないといけません」 そうそう、この前の画像はひどかった。来年初めごろに撮る画像は良くなっていますように・・・ 「しかし、PSAが下がることを軽く見ているわけではなく、それはそれでたいへん結構なことです」 「そうですね。わかりました」 「では、骨髄関係の数値を見ていきましょう。ヘモグロビンも白血球数も下がっておらず、安定しています。なので、お昼からのジェブタナの点滴は「GO」です。それと、前回の投与量は、○○さんに貧血があったことを考えて標準量の6割としていました」 そうか、それで副作用らしい副作用が出なかったのかも。 「しかしジーラスタ(好中球減少症を防ぐ薬)が効いたのか、好中球の減り方も少なく、今回はジェブタナを1割増やして7割とします」 この増量に異論なし。増量してPSAをもっと下げたいところだ。 「今日のジェブタナ投与の効果を見たいので、一週間後、血液検査に来てください」 ということで来週は、4日後の月曜日にジーラスタの注射、水曜日に採血検査で病院に行くことになった。 (追伸) 今日はリュープリンの注射もした。私は立派な去勢抵抗性だから男性ホルモンの影響を受けない、こんな厄介なものはお断りしたい。注射してもしなくても一緒、とおもうのだけれど(-.-;)

CRPが下がった 2023年11月01日

イメージ
グラフは私のCRP (C-reactive protein) の変化を示す。 CRPとは身体の中の炎症の程度を示す値である。抗がん剤治療をしてるときは、PSAだけでなく、CRPの観察が必須とされる。 (参考)「マーカーとしてのCRPの臨床応用」(東京医科歯科大学) https://tmdu.tokyo/care/crp.html 今年01月05日から05月25日までゾーフィゴ&イクスタンジの治療をしたが、PSAが上がりっぱなしでまったく効かなかった。完全な去勢抵抗性がんである。「残るはドセタキセルしかありませんよ」と言われ、渋々ドセタキセル治療を始めた。始めたのがCRP=2.65と書いた06月23日、中止したのがCRP=1.16と書いた08月31日である。この間10週間。中止した理由は、貧血がひどくなったことと、画像診断の結果が悪く、「ドセタキセルも効いてないようです。カバジタキセル(ジェブタナ)に切り替えます。ドセタはもうやめます」と言われたからであった。 ドセタをやめてから、ジェブタナを開始するまでの8週間、つまり8月31日から10月25日まで、抗がん剤とおさらばして身体を回復させる期間に入った。 あとで考えると、この期間が勝負だったようだ。前半の5週間はCRPが上がり続けた。これを赤い矢印Aで示す。前回の日記 (2023年10月27日) で書いた(1)の現象が起こりまくった。熱が出て身体がしんどく、横になっているか寝込んでいる時間が多かった。 09月21日に輸血した。0926日にDWIBS検査を受け入た。10月05日の17.16をピークとして熱の出る日はなくなった。前回の日記 (2023年10月27日) で書いた(2)のモードに移ったようだ。身体も元気に動かせるようになった。そして、矢印Bで示すように、3週間後の10月25日にはCRP=1.85まで下がったのだ。 なぜ、10月05日をピークとして(1)のモードから(2)に移行したのか? 謎であるが、私の希望的な見方では、身体ががん細胞と何度も何度も闘ってくれた結果、とうとう身体の免疫力ががん細胞を抑えてくれた、勝利! ということか。  あるいは、抗がん剤はがん細胞にとって「毒」なので、毒を飲んでいつまでも生きていけるはずがない。抗がん剤投与中にCRPが上がったのは一時的な「フレア現象」であり、いずれがん細胞は壊

がん細胞と身体との闘い 2023年10月27日

これから述べることは、私の個人的な体験に基づいているものの、まったくの想像話である。 がん細胞は常に細胞分裂して増えようとする。そのとき、身体の免疫細胞とがん細胞との間で闘いが起こる。私のように去勢抵抗性がんになると、だいたいがん細胞が勝つようだ。つまりがんは進行する。抗がん剤の加勢があると何とか勝負に持ち込むことができそうだ。 (1)闘いは主に夜中の11時から2時ごろに起こる。がんの活動する時刻がこのあたりだから。夜中、身体中から熱がでても汗が出ず、体温が上がって(例えば39度程度)、翌日、翌々日まで引きずる。炎症を抑えるためにヘモグロビンが大量消費される。闘いは続き、PSAは横ばいか上昇する。CRPも高い数値を示す。医者流の言い方をすると、抗がん剤が効いていない、ということになる (2)身体から熱が出ようとしても、大汗💦をかいて体温の上昇を防ぐ。体温の上昇を防ぎきれたら、免疫細胞と抗がん剤の連合軍の勝ちか勝ちに近い引き分け。闘いはしばらく休戦モードにはいり、PSA、CRPはとりあえず下がる。医者流の言い方をすると、抗がん剤が効いている、ということになる。 次回、私のCRPの推移を踏まえながら、身体の中で起こった変化を述べる。

ジェブタナ投与 2023年10月26日

カバジタキセルは発音しにくいから、サノフィ株式会社社の商品名「ジェブタナ(Jevtana)」という。 今日は入院でジェブタナを点滴投与した。ドセタキセルの投与を中断してから約2ヶ月経つ。点滴時間はドセタキセルと同じで1時間。 DWIBSで見えた体の隅々に散らばった小さながんスポットの一掃を期待する。 ジェブタナで強く出る副作用が骨髄抑制で、白血球、特に顆粒球、特に好中球の減少である。感染症の予防につとめてください、と言われた。 そして翌日、好中球の減少を防ぐためジーラスタを皮下注射した。 ジェブタナ投与前日に血液測定してもらったが、CRPは1.9と、3週間前の値17.2から大きく下がり、PSAも4.3と、3週間前の8.5の半分に下がっていた。ドセタキセルから交代したジェブタナさん、もっと下げてください。 ジェブタナ投与後4日目と6日目に血液検査したら、CRPはそれぞれ0.48、0.60と劇的に下がっていた。大変うれしい。

カバジタキセル(ジェブタナ) 2023年10月05日

イメージ
今日こそはドセタキセルと思って いたら、前回の全身MRI (DWIBS) の結果が思わしくなく、よりきつい薬であるカバジタキセル(商品名:ジェブタナ)に交代することになった。画像をみせてもらうと、細かいスポットが全体に広がって増えている(何度も見たくない画像、ただこれらのスポットのうちどれががんのスポット なのか示してもらっていない)。 「したがって今日のドセタキセルは中止です」 結局ドセタは7回点滴して打ち止めとなった。 ただ今朝PSAを測ったところ、PSAが8と、前回の6割、ピークの4割に落ちていた。これはうれしい。 私はドセタキセルも効いている、このまま続けてもとおもうが、医者は画像を重視で、すでにカバジタキセルに移ることを決めていた。その判断に乗っていくしかない。 ただカバジタキセルは骨髄抑制が強くでるので少し怖さもある。また輸血か(≧∇≦) 10月25日からの入院になる。それまで束の間の安息の期間。その間、発熱した日はなかった。

輸血 2023年09月21日

イメージ
今日21日はドセタキセル  E E の投与日。今日こそは、と意気込んでいたら、主治医からこんな言葉が。「ヘモグロビン値が上がるどころか下がってますよ。 6 . 4g/dL です。輸血が必要なレベルです」 「地下鉄から病院まで歩いてこれたのですか?」とか身体の様子をいろいろ聞かれ、輸血することに。 輸血するにはどうしても入院が必要だそうで、結局その日から入院することになった。大きな赤い袋2袋分の赤血球を5時間かけて点滴で入れられた。 夜中になって頭痛がひどくなり、痛み止めをもらってしのいだ。翌朝ヘモグロビン値を測れば8 . 0とのこと。意外にも低い。もう少し上がってほしかったが(後日9.0を超えてきた)。 退院日は翌23日(土)に決まった。 主治医に伝えたことがある。「16日から17日にかけて汗が出なくなって体温がみるみる上がったのです。39度まで上がりました。二日間ずっと寝ていました。その後少しずつ熱が下がっていき、19日には平熱に戻っていました」 主治医はその場で採血して検査したわけでもなく判断できないがCRPも上がっているので何らかの炎症反応があったのだろう、とのこと(私はがん細胞の活動だろうと思っている)。 PSAのことを言い忘れたが、もう3週間もドセタキセルを投与していないのに、ありがたいことに19から13に減っていた。PSAの減少は何ヶ月ぶりだろう^_^ 26日には、全身MRIを撮る予定。