投稿

MCTオイルの摂り方 2021年06月14日

イメージ
夕食後しばらく休憩してから、部屋置きのエアロバイシクルを10分間漕ぎ、風呂に入り、風呂から上がったあとマットを敷いてトレーニングして寝ることが私の日課になっている。 MCTオイル(中鎖脂肪酸)は、寝る前に15ml飲むことにしているが、一口で飲みにくいので、5mlずつ3回に分けて飲む。スープスプーン軽く1杯が5mlなので、スプーン3杯分を、風呂から上がったとき、トレーニング前、トレーニング後にそれぞれ飲む。 寝ている最中、お腹がグルグル鳴って「吸収してるな」とわかる。そのあと頭がなんとなくスッキリしてきて「お、ケトン体が出た♪」と想像する。そして寝入ってしまう。 MCTオイルを飲みやすくしようと、温めたアーモンドミルクに入れてシェイクして飲んだことが2度ほどある。飲みやすいが、お腹が鳴るという消化吸収の合図もなく、いつ吸収されたのかわからない。もしかしたら、MCTオイルがアーモンドミルクの油(長鎖脂肪酸)に包まれたまま、長鎖脂肪酸として吸収されたかもしれない。そうなると、ケトン体を産生する効率が低下するので、このシェイクする飲み方はやめようと思う。やはりスプーンで直接、口に入れるのがよさそうだ。 ここで脂質の消化吸収過程を簡単に述べると、食べた脂質は、十二指腸で胆汁と混ざり、膵臓から分泌される膵液リパーゼによって、脂肪酸とグリセロールに分解され小腸で吸収される。小腸で吸収された中鎖脂肪酸(MCTオイル)は門脈経由で肝臓に直接輸送される。 ところが、長鎖脂肪酸(一般の油)とグリセロールは、小腸で吸収された後、再び中性脂肪を形成し、カイロミクロンとなってリンパ管を経由して肩部まで到達し、そこから静脈に合流し最終的には肝臓に到達する。 このように、長鎖脂肪酸は、紆余曲折を経て肝臓に到達するのに対して、MCTオイルはダイレクトに肝臓に届く。その吸収のスピードは長鎖脂肪酸とくらべて4倍速いと言われ、効率よくケトン体に変換される。「効率よく」と言ったのは、長鎖脂肪酸の場合は糖質が存在するとケトン体の産生が抑えられるが、中鎖脂肪酸の場合は糖質の影響をほとんど受けずにケトン体が多量に産生されるそうである♪ 宗田哲男「MCTオイルで病気知らずの体になる」(河出書房新社)

夜間排尿回数が改善した 2021年06月09日

6月7日(月)夜寝る前にMCTオイルを5ml飲み、昨日6月8日(火)の夜もMCTオイルを飲んだ。そのときは量をちゃんと計って10mlとした。 目が覚めてトイレに行ったのが今日(6月9日)の朝、午前5時。あっと驚いた。いままで、22時就寝から6時起床までの間、23時、1時、3時、5時と、4回は行っていたのに。ひどいときは5回も。 朝まで寝ていられた! こんなこと最近なかった。朝起きる力も残っている(6月8日の日記に書いたとおり)。 古川健司「ケトン食ががんを消す」(光文社)を見たら、153ページに「特に就寝前に(MCTオイルを)飲むと、翌朝の尿中のケトン体が顕著に上昇します。これは、就寝時にケトン体数が上昇しているためで、深夜に活動性を高めるがん細胞を効率的に抑制していることを示唆しています」という記載があった。いままでこの記載を軽く見ていた。 もしかしたら、この就寝前の MCTオイルの摂取が、がんを消す決め手 になるかも・・・ (参考) 「MCTオイルを正しく理解出来てますか?」(メディバリー大学病院) https://www.youtube.com/watch?v=0OqDvyZQEgU&t=319s

プレドニン 2021年06月08日

今日はN医療センターの消化器内科へ行ってきた。 B型肝炎ウィルスに対するHBV-リアルタイムPCR検査の結果は、相変わらずの「 <1.0+ 」(1.0未満)だった。 「プレドニンはどのくらい飲んでいますか?」と聞かれた。 「標準の5mgでなく、2.5mgです」 こちらから質問してみた。 「数値がどのくらいに上がってきたら薬を飲むんですか?」 「いくらとは言えず、肝臓の数値も見て判断します。いまは低い値なので大丈夫です」 なるほど「ミケンシュツ」が理想だが、この数値 <1.0+ もまあまあ低い値なので、これで様子見できそうだ。肝臓のALTも13と低いし。 服用量をもっと上げてもらっても良いようなことを言われたが、それは泌尿器科に伝えることをせず、ここで遮断。 「泌尿器科の先生はプレドニンを急にやめたら大変なことになる、と言っていましたが」 「プレドニンをやめて、一時的にわざと肝臓を悪くさせて、それから(自己の免疫力で)治していく方法もあります。○○さん、数値はいまのところ大丈夫ですが、これからどうなるか、2~3ヶ月に1回、様子を見ていきましょう」 次の予約は8月下旬になった。プレドニン服用に伴うB型肝炎ウィルスの活性化については、しばらく静観できそうだ。

MCTオイルの効用 2021年06月08日

イメージ
昨夜MCTオイルをスプーン2杯(5ml)飲んで寝た。今朝起きると、いつもの倦怠感が半減していることに気がついた。きっと睡眠中、MCTオイルが燃焼して、糖質不足状態の身体のエネルギー源になってくれたに違いない。といっても、朝の空腹感はいつものとおりあるので、MCTオイルは余すことなく使われたようだ。そして、その日ずっと、排尿の切迫感が少なくなっていることに気がついた。 MCTオイルは中鎖脂肪酸であり、長鎖脂肪酸と違って、消化されたら直接肝臓に運ばれ、ケトン体の産生がスピーディに行われる。宗田哲男医師「MCTオイルで病気知らずの体になる」(河出書房新社)が詳しい。 この一年半の私のケトジェニックダイエット期間の特に前半、MCTオイルをせっせと真面目に摂ってきた。しかし、その摂ったタイミングが、血糖の多い日常活動中であった。だから、ケトン体産生よりも、体脂肪の蓄積に使われたようであり、私の体脂肪率増加のグラフがそれを物語る。それ以来、肥満のもとになると思ってMCTオイルを摂るのをやめていたが、今回、MCTオイルの効用を体感したので、これから、寝る前の摂取を必須にしようと思う。

がんはしつこい! PSAは0.011に上昇 2021年06月07日

血液検査の結果、0.008維持~♪ を期待していたのに、蓋を開けてみるとPSAは0.011だった。主治医は波の中のわずかな動きと捉えればよいと言い、その見方は間違っておらず、そのとおりだと思うのだが、いろいろなことを考えてしまう。 2021年1月18日にPSA0.013まで攻め昇ってきた敵を2ヶ月かけて0.008に撃沈したはずなのに、敵は全滅していなかった、第二陣を繰り出してきた。 こちらの打てる手に新味はなく、いままでどおり、アビラテロンの服用を続け、糖質の摂取量をできるだけ抑え、夕食後寝るまでの時間を空け、寝る前にトレーニングをすることしかない。トレーニングの強度を上げようと思っても、年齢を考えると、あまり身体を酷使できない。メラトニンをはじめとするサプリメントはいままでどおり飲んでいるし、スーパー銭湯は相変わらず2日に一度のペースで行っている。 いったい何が悪かったのか? 調べてみると、サプリメントの摂取でいくつか思い当たるところがある。 1.ビタミンDの摂取量を一日5000単位(IU)としていたのを、2021年3月13日にサプリメントを新しく買い替えた機会に一日1000~2000単位に落としたことである。ビタミンDは、がん治療にとって結構重要だと思うので、5000単位に戻そうと思う。早速今日、一錠5000単位のビタミンDを注文した。 2.3月19日に「免疫サポート」(ファンケル)が空になって、それ以来摂取をやめていたが、ほんの最近5月21日に再度購入して摂取を再開した。これはぜひ続けようと思う。 3.パーフェクト・マルチビタミン&ミネラル(DHC)も、このひと月飲んでいなかったので、これも再開しようと思う。 4.寝る前にMCTオイルをスプーン一杯飲むこと、これも長くやっていなかったので、スプーン二杯🥄🥄で再開しようと思う。 私の勘では、4.のMCTオイルが一番期待できるかなぁ? 最近、体脂肪率が減ってきており、寝ているときに燃やせる脂肪が少なくなってきたような気がする(夜中トイレに行くときや朝起きるとき、ベッドから起き上がろうとしても力が出ないことがある)。そこで、寝る前にMCTオイルを摂っておけば、それが燃料になって、寝ている間に肝臓でケトン体に変換される。そうなれば、睡眠中のエネルギー切れもなくなるし、何よりもケトン体でがんを攻撃することができる。

胡蝶蘭 2021年06月04日

イメージ
我が家では鉢物植物を買ってきても枯らしてしまうことが多いが、胡蝶蘭は意外と健闘してくれている。写真上と写真中は去年の秋に買って我が家で冬越しした蘭。写真下の子は三~四年前から家に居て毎年花を咲かせてくれている。もうひと鉢は枯れ、他のひと鉢は花より団子で成長に専念中。

お昼の外食メニュー

イメージ
ペッパー・ランチ アンガスビーフ・ワイルドジューシー・カットステーキ200g、ライスなしを注文。牛の産地不明。とうもろこし粒は向かいの人に食べてもらった。 370kcal, 蛋白質43g, 脂質22g+α, 糖質 0g

グリコーゲンを枯渇させないと物事は始まらない 2021年05月12日

「体重70Kgで血糖値100の人の血中にあるブドウ糖の量は?」 https://www.youtube.com/watch?v=rhahOZk7Td4 正解は5.1gだそうで、これを燃焼させるには20kcalの負荷を与えればよく、エアロバイシクルだと2分間漕げば良い。しかし、血中のブドウ糖が減ると人間は気を失ってしまうので、そうならないように、筋肉や肝臓に貯えられたグリコーゲンがブドウ糖を補充する。グリコーゲンの貯蔵量には個人差があるが、肝臓に100~120g、筋肉に300g前後と言われている(ウィキペディア)。全部燃やすにはエアロバイシクル160分の運動が必要である。 私は 2021年02ほ月08日 の日記で、寝る前にトレーニングをすると、「寝ている間に、前立腺がん細胞とわが筋肉たちとの血糖争奪戦が勃発する。運動して腹をすかせた筋肉たちはインスリンの助けを借りずにGLUT-4を細胞表面に出して勢いよく血糖を取り込み、がん細胞はほとんど糖にありつけない」と書いたが、もし筋肉や肝臓にグリコーゲンが大量に貯えられていたら、寝る前に20~30分トレーニングをしたくらいでは、血中にブドウ糖が補充されて血糖値はいっこうに減らない、ということになり、上のシナリオは崩れてしまう。そこで筋肉や肝臓のグリコーゲン貯蔵量を少なくする方法はあるのかといえばある。それが「糖質制限ダイエット」ないし「ケトジェニックダイエット」である。 インターネットで、一日の糖質摂取量とグリコーゲンの貯蔵量との定量的な関係を書いた記事を探してみたが、いまのところ見当たらない。しかし、糖質制限ダイエットを始めると体重が極端に減ることとの関連で次のような記事を見つけた。引用すると、「色々文献により差があるのですが、肝グリコーゲンとして約100g、筋グリコーゲンとして一般成人で300gくらい蓄えられています。このグリコーゲンにそれぞれ3倍の水がくっつくことになり400×3倍で約1200gの水分が結合水としてグリコーゲンと一緒に蓄えられます。グリコーゲンと結合水で合計400+1200で1600g位の重さになるわけです。 この状態で糖質制限を行うと、筋グリコーゲンや肝グリコーゲンが枯渇し、それに伴って当然結合水もなくなるわけです。 そうすることによって、約2キロ近く体重を減らすことができます。このことが糖質制限初期に

体重、体脂肪率が落ちてきた 2021年04月30日

イメージ
前立腺がんが発覚してすぐに糖質制限ダイエットを始めた。最初の2ヶ月くらいで、体重が5kgほどストンと落ちた。あとで調べたら、この体重低下は筋グリコーゲンといっしょに身体の水分が抜けたことが原因であるらしい。そのあと体重が少しずつ上昇してきた。このままいくと、5kgの貯金が全部消えてしまう。これではいけないと2020年の9月ごろ、一日45mlのMCTオイルを摂るのをやめ、12月頃、おやつのナッツ類を食べるのをやめたら、体重はまたまた低下傾向に転じた。どうやらデスクワーク中心の私には、一日45mlのMCTオイルとナッツ類の多量摂取はカロリー・オーバーであったようだ。ただし亜麻仁油は一日15gずっと飲んでいる。 そうこうしているうちに、PSA値が上がり始めた。抗アンドロゲン剤の効き目が減ってきて、がんが去勢抵抗性になろうとしている、ということだ。 糖質制限ダイエットは役に立たなかった 、と認めざるを得ない。一日60gという中途半端な糖質摂取量に問題があったのかもしれない。がん治療のためには一日20g以下にしないといけなかったのか。しかし20gは大変厳しい値である。 そこで、一日60gの糖質摂取はそのまま続け、摂取した糖質を身体から抜くために、寝る前の筋トレと有酸素運動を始めた。これが功を奏したのか、PSAが元の低値に戻ってきた。このあたりは 2020年12月28日 以降の日記に書いている。 いまも毎晩トレーニングを続けている。体重も体脂肪率も、どんどん下がっている。お腹まわりも、若干であるがスッキリしてきた。自分の身体が糖質枯渇に近い状態になって、脂肪が少しずつではあるが燃焼している(脂質代謝になっている)ということである。しかし、皺が増えたわけでもなく、筋肉量も見たところ適度にある。 MCTオイルなどで脂質をほどほどに摂れば体重の低下が止まることはわかっているのだが、あわててそれをすることもない。ここまで来たら、どこまで下がるか見届けてやろう、という気になってきた。 BMIの推移(月平均値) 体脂肪率の推移(月平均値)

昼食メニュー 2021年04月25日

イメージ
 昼食メニュー 豆腐・野菜の具だくさん味噌汁(朝の野菜スープに豆腐と味噌を入れたもの) 納豆1パック 45g ゆで卵半個 25g カロリーと糖質量を計算した結果 キャベツ26g    6kcal 糖質1g レタス27g     4kcal 糖質0g 人参20g      7kcal 糖質1.3g 小松菜24g     3kcal 糖質0g 白菜38g      5kcal 糖質1g 木綿豆腐     66kcal 糖質2g 赤味噌12g    25kcal 糖質2.5g 納豆1パック   96kcal  糖質7.0g 卵半個      32kcal 糖質0g 合計       244kcal 糖質14.8g

朝のおやつ 2021年04月25日

イメージ
コーヒー180ml+豆乳180ml 豆乳にはソイプロテイン7g、オリゴ糖2gを入れてシェイク。コーヒーには砂糖の代わりにエリスリトール7g。 ロカボクッキー1枚、亜麻仁油7gにひたして食べる。 チョコレート:オリゴスマートスーパー1枚 ピーナツ4g カロリーと糖質量を計算した結果: コーヒー  7kcal 糖質1.3g 豆乳    102kcal 糖質2.9g ソイプロテイン25kcal 糖質0.4g オリゴ糖  2kcal 糖類0g エリスリトール 0kcal 糖類0g 亜麻仁油   64kcal 糖質0g チョコレート 27kcal 糖類0.58g ロカボクッキー 42kcal 糖質3.9g ピーナツ  13kcal 糖質0.1g 合計    282kcal 糖質9g

朝食メニュー 2021年04月24日

イメージ
今日も朝6時に起きる。アビラテロンを4錠飲む(ただし、その日ハンカチで汗を拭きにくい状況が予想されるなら、飲むのをスルーすることもある)。昨日の夕食はいつもながら、ご飯、麺、パンなどの主食を全部抜いたタンパク質と脂質だけの食事。しかも寝る前にトレーニングをしたので、朝起きたときの空腹感が半端でない。この空腹感を押し切って5分ほどの散歩に出かける。運動のためというより、眼を光に慣らせ、体内時計を更新する意味が大きい。 朝食メニュー、最近、固定されてきたので、ここに紹介する。 ギリシャヨーグルト62g。オリゴ糖少々を混ぜて食べる。 温めたアーモンド・ミルクにホエイ・プロテインとオリゴ糖を混ぜてシェイクしたもの。 アーモンド・ミルク150ml ホエイ・プロテイン7g、オリゴ糖少々 野菜スープ(がん患者御用達) 白いのは長芋一片9g 野菜:キャベツ26g、レタス27g、人参20g、小松菜24g、白菜38g、乾燥しいたけ0.5g、昆布0.5g、切り干し大根0.5g ゆで卵50g、トマト28g、キウイ32g キウイの代わりに苺のときもある。 低糖質大豆パン(シャトレーゼまたは無印良品製)。亜麻仁油やエゴマ油をつけて食べる。 低糖質大豆パン38g、亜麻仁油8g あと、ナッツ類があれば、少々。ピーナツ8g。 江部康二監修「食品別糖質量ハンドブック」を使って、カロリーと糖質量を計算してみた。 ギリシャヨーグルト 63kcal 糖質3.5g アーモンドミルク  29kcal 糖質0.7g オリゴ糖      4kcal 糖類0g ホエイ・プロテイン 26kcal 糖質0.1g キャベツ26g    6kcal 糖質1g レタス27g     4kcal 糖質0g 人参20g      7kcal 糖質1.3g 小松菜24g     3kcal 糖質0g 白菜38g      5kcal 糖質1g 長芋9g      5kcal 糖質1g 卵1個      64kcal 糖質0g トマト      5kcal 糖質1g キウイ      14kcal 糖質3g 低糖質大豆パン  86kcal 糖質3.1g 亜麻仁油     74kcal 糖質0g ピーナツ     26kcal 糖質0.1g 合計      421kcal 糖質15.8g 朝食が終わるころ、頭がスッキリしてくる。体の中性