投稿

肝炎ウィルスは「ミケンシュツ」 2021年11月30日

今日11月30日にN医療センターの消化器内科に行って、B型肝炎ウィルスの検査結果を聴いてきた。結果は、前回(8月23日)に続いて、今回も「ミケンシュツ」(陰性)。 アビラテロンとプレドニゾロン(5mg)をセットで飲み始めたのが2020年の2月。それ以来1年間ずっと陰性だったのに、2021年の2月から「陽性」に転じた。ヤンセンファーマのザイティガのページを見ると、ザイティガの副作用として第一位に「肝臓のはたらきが悪くなる」と出ている。 これはやばいと思い、プレドニゾロンを半分に割って飲みだした(主治医も公認済)。そのおかげか、それから半年後に「陰性」に戻った。そして、今日の採血結果も続いて「陰性」であった。 これで安心してアビラテロン(4錠1g)とプレドニゾロン(2.5mg)をセットで飲用し続けることができる。アビラテロンを朝4錠でなく、朝夕2錠ずつ飲み始めたことは前回の日記に書いたとおり。

アビラテロンの飲み方を変えてみた。 2021年11月28日

ホルモン感受性のころはアビラテロンを朝4錠飲むだけで効果が終日続いたのだが(その分、薬の副作用とされる発汗量もすごかった)、PSAが上昇傾向に転じた今年の春ごろから、身体が薬に慣れてきたのか、発汗量が減ってきた。特に冬場はほとんど発汗しなくなっている。 26日の診断でPSA=0.032と急上昇した翌日から、アビラテロンの飲み方を変えてみた。いままでは朝起きたてに4錠飲んでいた。それを朝2錠、夕方2錠に変えてみた。するといきなり、朝のコーヒーを飲んだあとの排尿回数が4回から2回に軽減し、夜間排尿回数が4〜5回から0〜1回に激減した。健康だったころと変わらない回数である。発汗量は相変わらず少ない。 医者は、排尿感の悪化は歳のせいであり、排尿回数とがんとは直接関係ないと言うが、私の場合、そうとも言えないことは11月26日の日記で述べたとおりである。 このアビラテランの分散飲用はうまく行くかも?  朝夕に2錠ずつ分散して飲むと上記の効果があったので、これからアビラテロンの分散飲用を続けてみようと思う。 こうやっても、アビラテロンがいずれ効かなくなる時はやってくると思う。しかし、その時期をできるだけ遅らせたい。PSMA/Ac治療が日本で保険適用になる時がくるまで、時間稼ぎをしたいのである。 ****************** その後も、アビラテロンを朝夕2錠ずつ分散して飲用し続けているが、排尿回数は相変わらず少ない。つまり、排尿回数の低下が一時的なものでないことを示している。これは本物かも?

PSA 仰天の上昇! 2021年11月26日

医者は「えーと、えーと」と言って操作しながら、最後に数値を画面に出した。 私は「ひぇーっ?!」と叫ぶ。0.032。前回(2ヶ月前)の倍だ。 「私も驚いています」と主治医。「いまの薬(ザイティガ)がだんだん効かなくなっている。将来、イクスタンジに変える、そして抗がん剤を打つ。そういった流れを考えておいてください」 ************* この文書を書いている時点は、2日後なので、やや冷静を取り戻している。 いままで1ヶ月半ごとにPSAは0.002ずつじわじわと上がってきた。これは薬がだんだん効かなくなってきている証拠である。 ところが今回、2か月で0.016も上がった。完全なスピード違反である。なぜこんな急に上がったかのか考えると、寒さによる体力の低下、体温の低下、ひいては免疫力の低下ががんの増殖を加速したからだと思っている。 (1)体温の低下を裏付ける事柄は、いつも行くスーパー銭湯で掌の体温を測っているが、夏の頃はほぼ36.4度あったのに、10月に寒くなってから、35度台に下がったことである。寒いから手足が冷えたのだろうと軽く見ていたが、これは、重要なサインであった。 (2)免疫力の低下を裏付ける事柄は、採血した一週間前に風邪をひいたことである。軽い喉風邪で、熱も出ず、自然に治ったが、普段風邪をひかない私が風邪をひいたということは、やはり免疫力が落ちていたのだろう。 (3)夜間排尿回数が増えたこと。夏は平均2回だった。10月25日の診察のとき、「このごろ急に寒くなって、排尿回数が増えているのです」と問えば、医師から「歳のせいですよ。排尿感とがんの増え方とは関係ありません」という言葉をもらったが、私の場合、やはり疑わしい。がんの増え方と排尿感とは大いに関係有りだと思う。 詳しく言うと、10月中旬ごろから寒くなり始め、排尿回数が目に見えて増えてきた。11月になっても、この回数は増えこそすれ、減ることはなかった。朝のコーヒーを飲んだあとの排尿回数は夏だったら2〜3回だったのが、4回になった。夜間排尿回数は、夏だったら2回だったのが、いま3〜5回、ほとんど2時間おきになっている。おかげで寝不足である。最近の11月12〜13日に、片道150kmの龍神温泉ドライブ旅行に行ったが、旅行計画をたてる時、途中にサービスエリアがあるかどうか、あるとしたらそれらの間隔、道の駅があるか

免疫力は腸内細菌から 2021年11月07日

がん細胞は、免疫細胞の攻撃をブロックしている。このブロックを壊して免疫細胞ががん細胞を攻撃できるようにする薬が、オプジーボやキイトルーダという免疫チェックポイント阻害薬である。免疫チェックポイント阻害薬を投与してがん細胞が消えていく患者と、投与してもがん細胞が消えない患者がいるらしい。腸内細菌を調べてみると、がん細胞が消えない患者は腸内細菌の種類が少ない。そこで、「糞便移植」といって、がん細胞が消えた患者の糞便を、消えなかった患者の腸の中に移植することが行われているそうだ。 「腸内細菌でがんが治る?免疫治療をサポートする糞便移植の驚くべき効果」 https://www.youtube.com/watch?v=wB8jo_VlPeY 要するに、腸内細菌に活躍してもらうことが重要ということだ。私のように去勢抵抗性になってしまうと、頼れるものは自分の免疫力しかないので、普段から多くの種類の善玉腸内細菌を養っておくこと。納豆、味噌、キムチなど、乳酸菌の豊富な食品や、ビフィズス菌の入ったヨーグルトを摂るようにしている。写真のような腸内細菌サプリメントも飲んでいる。糞便移植は考えていないが、これは最後の手段だろう。 「100〜200億ぐらいの乳酸菌では効かない!? 内視鏡医監修「ラクエイド」を試して1年 その効果は」 https://www.youtube.com/watch?v=ohFDmMMr2Ao

今日は診察だけ 2021年10月25日

血液検査をしていないので、今日はPSA値の告知なし。 医者が言う。「○○さんのように、アップフロント療法をしたあと、PSAがじわじわ上がってる、しかし画像上の増悪はない、という患者さん、何人かいます。先輩医師とも相談したんですが、そういう人に次の薬を出して、それでもあかんかったら抗がん剤を始める目安はPSA=2くらいですかな?」 なるほど、PSA=2とはまだまだ先の話のようだが、上がり始めたら急激に上がる人もいるので、のんびり構えていられない。私が自分に課している課題は、PSAの低いうちにがん細胞を徹底的に叩くこと、である。 「ところで、このごろ急に寒くなって、排尿の回数が増えてるんですが、これ、がんと関係ありますか?」と聞いてみた。 「関係ありません。○○さん、その歳を考えると、排尿の回数が多いのは仕方ないことですよ」 総合医療センターの医師も、同じことを言っていたので、やはり関係ないか。がん細胞が成長して排尿感が悪くなるという図式は、今の私には当てはまらない、と思っておこう。 「食事は?」 「はい、糖質と脂質をできるだけ控えて、中性脂肪を減らすようにしています。運動もしてます」 これには返事はなかった。 次は11月22日に採血、11月26日に診断である。あと1か月、PSAの上昇を食い止めるための最大限の努力をする。アビラテロンはそのまま続けて服用し、「糖質と脂質を減らした食事」、「毎日の運動」そして「身体の温め」を続ける。

このごろの生活習慣 2021年10月17日

(1)今年の2月あたりから寝る前の有酸素運動を始めた(2021年2月8日の日記参照)。途中中だるみがあったが、先月の27日以後、エスカレートしている。 ・寝る前にこだわらなくなった。一日を通じて運動するようになった。 ・有酸素運動から筋トレに比重が移った。一日あたり腕立て伏せ(膝つきでなく足つきで)100回、スクワット200回が標準。これを毎日やっている。スクワットを200回もやると一日中脚がだるい。 ・ダンベル、腹筋ローラーも取り入れている。 (2)身体の下に電気こたつ3台を置いて寝ている。寝苦しかったが、このごろ気温が下がってきたので寝苦しさも緩和している。机に座っているときは、膝から下を温める赤外線ヒーター(FUJIKA)を使っている。 (3)食事は、発病のときから、糖質を制限し肉類を多く摂るケトジェニックダイエットを意識して取り入れていたが、前立腺がんが脂質をエサにすると聞いてから(2021年9月27日の日記参照)、脂質のとりすぎも気にするようにしている。MCTオイルをやめたのはもちろん、飽和脂肪酸を多く含む食材をなるべく摂らないようにしている。牛乳由来のクリーム、脂身の多い肉、加工肉、チーズ、バター、ヤシ油の類。 不飽和脂肪酸はいままでどおりオリーブ油を料理に使い、魚を食べ、亜麻仁油を一日大さじ2杯ほど摂っている。これらは中性脂肪を下げる働きがあるそうである。糖質の摂取量はいままでどおり一日60〜80g程度である。合計の摂取カロリーはデスクワークだけをしているならこんなものかと思う。しかし毎日の運動量を増やしているので、消費カロリーが摂取カロリーを超えているようで、体重、体脂肪率の低下が続いている。それでもお腹の皮下脂肪は摘めるほどあり、腹筋も割れていない。BMIと体脂肪率のグラフを載せる。

また上がる。PSA=0.016 2021年09月27日

イメージ
医者は開口一番「体調いかがですか?」 「とくに変わったことはありませんが」 「PSA0.016です」 また上昇か。 「しかしまだ低い値です。今どうこうする時機ではありません」 ひと月まえから、足から下腹部にかけて、座っている時も寝ている時も、24時間ヒーターで温めてきたのに、その努力がPSAに反映されていない! 「あと血液検査の結果を見ると、中性脂肪が上がってきていますが、これも今あわてて内科にかかるほどのことではありません」 ・・・中性脂肪 いま動く時機ではないです、と言いながら、医者は化学療法の話をしだした。「最近の治験では、わりと早い時期にやると有効だという報告もあるようです」 私はマスクの下で顔をしかめていた。 ・・・もうがんの勢いを止めることは無理なのか。観念する時期か? 私のPSA値の推移は下のグラフのとおり。 このように2021年1月18日から4月12日にかけて、緑の矢印で示すように PSAはいったん下がった のである。 あのときPSAを低下させた条件は何だったのか?  あのころ、冬から春にかけての寒い時期で、足とお尻にこたつをして寝ていた。寝る前の有酸素運動(エアロバイシクルを含む)と筋トレは欠かさなかった。糖質過剰摂取にならないように注意しながら、地中海食や和食をよく食べていた。飽和脂肪酸であるMCTオイルはまったく飲んでいなかった。 下のグラフが私の血中中性脂肪(mg/dl)の推移である。 なんと、PSAの上昇時期と一致している。去年の5月頃も上がっていたが、そのころ前立腺がんはホルモン感受性だったので、PSAに影響はなかったと考えられる。 ネットで調べてみると、「脂質で増殖する前立腺がんには脂質の過剰摂取に注意! 前立腺がんに欠かせない食生活改善。予防、再発・転移防止にも効果」 https://gansupport.jp/article/cancer/prostate/16917.html というレポートがあった。いままで糖質を摂らないことにばかり気を使っていたが、前立腺がんの場合、 脂質 こそ、キーワードなのかもしれない。 中性脂肪を上げる要因、といえば炭水化物の摂りすぎ、とよく言われるが、私は炭水化物を一日60gから80gに抑えている。脂質の摂りすぎに注意なのかもしれない。エネルギーにならず余った脂質はただちに中性脂肪に変わるからである。中

2021年09月11日 加熱機器あれこれ

イメージ
食卓の下に置いて足を入れる足暖房器。座席の上には薄型電気ヒータ。 仕事用机の下に置いた脚暖房器(FUJIKAのLEG HOT) 寝るときに温めてもらう電気アンカたち。赤大=尻の下に敷く、赤小=お腹用、茶=足先を入れる。9月中旬なので発汗量も半端でない。

前立腺を24時間温める作戦 2021年09月03日

運動に頼る方法、MCTオイルのようなケトン体産生源に頼る方法は、私の前立腺がんにはだんだん効かなくなっている。その証拠にPSAが少しずつであるが上がっている。 がん細胞も賢くて、自分に不利な環境に適応していく能力を持っているようである。 ところで、がん細胞が熱に弱いことは周知であり、膵臓がんはあっても脾臓(ひぞう)がんはない。脾臓は熱を出す臓器だからである。また高温になるとNK細胞などの免疫細胞が活性化することもよく知られている。私の免疫細胞は、肝炎ウィルスを消してくれたくらいだから、意外と頼りになるのではないか? 私の経験では、銭湯から帰ってきたあと数時間は排尿の調子がよい。しかしそれを過ぎると元の状態に戻ってしまう。 そこで、湯につかっているときのような高温状態を24時間続けることを考えてみた。 幸いにして前立腺という臓器はお尻に近く、温めやすい位置にある。 一日の生活時間のうち、睡眠中、食事中、仕事中、車に乗っているとき、すべての時間帯において、尻の下に電気アンカを敷いて温める、という作戦を思いついた。必要な電気アンカも購入した。 すでに 2021年08月30日の日記 に写真入りで一部説明している。 この温熱作戦がうまくいったかどうか、9月末日の次の診断で結果が出る。 これから1か月間、これに賭けてみようと思う。

肝炎ウィルスが消えた! 2021年08月31日

私はアビラテロンと一緒にステロイド剤(プレドニン)を飲んでいる。しかし、このステロイドというのがかなりのくせ者で、免疫力を下げるという悪さをする。調べたら易感染のほか、ステロイド骨粗鬆症、ステロイド糖尿病、ステロイド消化性潰瘍などいろいろな副作用がある。 私はかつて自覚症状なしにB型肝炎ウィルス(HBV)にかかり、自然に治癒したようで、そのときに抗体を獲得している。ただ、そのときのHBV抗原がいまでも身体のどこかに潜んでいる可能性がある。免疫力が落ちると抗体が弱まり、HBVが再活性化するおそれがある。 そこで、プレドニンを飲み始めてから、定期的にHBVの血液検査をしてもらっている。 一年以上の間ずっとHBV「ミケンシュツ」だったのに、2021年03月ごろから陽性を示す「<1.0+」という表示に変わった。 とうとう、HBVが表に出てきやがったΣ(-᷅_-᷄๑)。このままHBVが増えていけば、肝炎になり、最後には肝臓がんになってあの世に直行である。 しかし今日、検査結果を聞きに行くと、HBVが再び「ミケンシュツ」になった! これは望みもしなかったこと。私の免疫細胞が頑張ってくれている。プレドニンの用量を5mg/日から2.5mg/日に落としたのも功を奏したのか。 ただでさえ前立腺がんに手こずっている状況なので、悩みの種がこれでひとつ減ったことはありがたい。

画像診断の結果 2021年08月30日

画像診断の結果を教えてもらった。 X線CTを使って骨の白っぽくなっているところを確認するというやり方で、どのくらいの精度が出ているのかわからないが、結果は、「右第5及び7肋骨、胸骨体部、寛骨の硬化性変化は前回と著変ありません。左前頭骨の硬化性変化は前回と著変ありません」であった。 前回と前々回の結果と比べると、 2020年8月17日(前々回):「左前頭骨に硬化性変化が認められます。右第5および第7肋骨、胸骨体部、寛骨に硬化性病変が認められます」 2021年03月08日(前回):「左前頭骨の硬化性変化は軽減しています。右第5および7肋骨、胸骨体部、寛骨の硬化性変化は軽減しています」 2021年08月24日(今回):「右第5および7肋骨、胸骨体部、寛骨の硬化性変化は前回と著変ありません。左前頭骨の硬化性変化は前回と著変ありません」 「著変ありません」とは素っ気ない言葉だが、広がっていないのをよしとすべきか。私の目では、右第5肋骨で白っぽいのが確認できた。 「放射線を当てて骨に転移した癌を潰したらどうですか?」と聞いたが、医師の答えは「本家がいるので・・・」と消極的だった。 放射線治療に積極的な医師にセカンドオピニオンをもらう、という選択肢もあるのだが・・・もうしばらく考えてみようと思う。

PSA、また上がる。 2021年08月30日

イメージ
今日は診察日。 「下がっていてくれよ」と手を合わせながら医者の前に座った。 医者は「上がってますわ~」と残念そうに言う。「0.014」です。 プラス0.002である。予想していた範囲の上の端だった。 「なぜですかね?」 「そろそろ薬の効きが悪くなっているようで・・・」 要するに去勢抵抗性になっているということ。グラフを見れば明らかだ。 「しかし、次の手を打つ、というところまでは行っていません。まだまだ低い値です。大丈夫です。様子を見ましょう」 医者は「様子見」と言うが、これから0.2、1.0、10・・・と上がってくればどんなことになるか・・・。私の命がかかっている。 さて、ホルモン治療以外で、今までやった対策を振り返ってみよう。 1.糖質摂取は1日60~80gとする。特に夕食は炭水化物を控える。--発病以来ずっとやってきたことだ。これは健康維持のためにもずっと続ける。 2.有酸素運動や筋トレをする。特に、寝る前に運動する。これも続ける。 3.MCTオイルを積極的に摂る。いままで寝る前に15mlだけ飲んでいた。これでは少ないと思うので、昼食後、夕食後、寝る前と3回に分けて10~15mlずつ飲むことにする。合計30~45mlだ。こうしてケトン体を多量に出す。 このMCTオイルの寝る前の摂取を初めて実施した夜、夜間排尿回数が、いままでの3~4回から1回に減った( 2021年06月09日の日記 に書いたとおり)。おそらく前立腺がん細胞はケトン体という異物が入ってきたので、びっくりして凍りついたのだろう。2~3日経つと、夜間排尿回数は元に戻った。がん細胞は賢いやつで、新しい環境にすぐに慣れるようだ。 しかし、ケトン体を産生することは健康にも良いので、続けることにする。 4.2日に一回、スーパー銭湯に行く。これも続ける。行ったあと数時間は、膀胱や前立腺が柔らかくなった感じがして、排尿の調子が良くなる。前立腺がん細胞も熱さでぐったりするのだろう。 5.お尻を温める。これは冬~春とやっていたが、この夏の間、さぼっていた。 思い返すに、私が前立腺がんを発病したのも2年前の9月だった。夏の間、薄い格好でろくに布団も被らずに寝ていた。低温の好きながん細胞が一気に増えて、リンパ液を伝わって骨まで散らばったのだった。 これからはいかに寝苦しい暑い夜でも、お尻だけは温めよう。 ↑温度調節器(左